気軽に海外旅行!ジェットスターで韓国に行く

海外旅行と言えば少し前までは何週間も休みがないと行けないもので、綿密に計画を立てて予算を積み立てたり、多額の費用がかかるのでなかなか行けないハードルの高いものでした。最近は海外に行く人も増えていて、特に2泊3日程度の短い旅程でも行けるアジアの国々は人気があって、週末や連休を利用して気軽にショッピングやグルメを楽しめます。お隣の国韓国はアジアの中でも日本人観光客が訪れやすい国として常に人気で、若者を中心に出かける人がたくさんいます。数時間のフライトで簡単に行けて、ブランド物のショッピングや焼肉やスイーツなどの食べ歩き、エステや美容関連のサービス利用などいろいろな目的を達成できます。

旅行の費用を節約したいなら格安航空券を利用するのがおとくです。日本でも定着しつつあるLCCなら大手の航空会社よりもずっと安い値段で海外旅行に行けるので、交通費を減らしてその分現地のホテルをグレードアップしたり、お土産代や食事代のための予算を増やせます。全日空が出資しているバニラエアや、オーストラリアの航空会社であるジェットスターも海外路線に強いので、格安に憧れの海外旅行を実現することができます。

海外に行くとき意外と面倒なのは国内での移動です。成田や関空の近くに住んでいる人をのぞいて、多くの場合はまず国内で居住地から羽田空港や伊丹空港まで行ってそこから成田や関空に移動する必要があるので余計な時間がかかります。LCCは直接発着する路線をたくさん持っているので、国内の移動がスムーズで早朝や深夜の便も多いため時間を無駄にしないで目的地までたどり着くことができます。

JetStarは韓国への直行便を運行していないので、香港や台北などで乗り換えが必要になりますが、現地やアジア各国のLCCを使えるのでトータル料金は大手航空会社の直行便より割安になることが多くて、経由地でも免税店で買い物を楽しんだりいろいろな都市を周遊してみたいときなどに重宝します。ホテルも同時に予約できるパックや、オプショナルツアーも付いているパッケージ旅行の数も多いのでやりたいことや予算に合わせて好きなように選べます。帰りも成田や関空から直接北海道方面や九州方面へのフライトがあるので帰宅するのが簡単で、短い旅程でもスムーズに移動ができます。休みが取れないから海外旅行は無理、お金がかかるからいけない、とあきらめているならLCCを活用してみましょう。

Read More →

韓国に行くなら格安航空券のピーチがおすすめ!

韓国に行くなら、格安航空券のピーチがおすすめです。羽田からソウルに就航しています。便数は少ないですが、その便に合わせれば、破格の値段でソウルに行けます。日本とソウルを結んでいる日本の航空会社は、今や同社とANAだけになりました。羽田空港と金浦空港になら、日本の航空会社の便はかなり飛んでいますが、ソウル便は、海外の格安航空会社がほとんどを占めています。

以前はANA系列の格安航空会社のバニラエアが、成田からソウルに就航していて、破格の値段を提供していました。片道千円台ということもあったくらいです。けれど、韓国の航空会社を中心として、その路線への参入が増え、便数が過剰ともなったため、採算が合わなくなったのでしょう。2015年に撤退しました。現在は羽田からピーチが、日本の格安航空会社として唯一、就航しています。羽田から利用できるので、かえって便利になった面もあります。

航空運賃は、片道千円台もあったバニラエアより高めですが、海外の格安航空会社よりだいぶ安かったりします。羽田ーソウル便の最安値であることもよくあります。時間帯は少々厳しめです。深夜に羽田を出発して、明け方に仁川空港に着いたりします。そうした時間帯だと、破格の安値がより実現しやすいようです。同じ日でも、夕方や夜8時頃に羽田を発つANA便の航空運賃は、9倍くらいします。海外の格安航空会社も軒並み一万数千円はしますが、ピーチは一万円を切っていたりします。

韓国はお隣の国で、地理的に近い九州からはフェリーでも行けるくらいです。その気になれば日帰りもできる場所なので、あまり費用をかけずに気軽に出かけたいという向きもあるでしょう。海外ではありますが、バニラエアが就航していた頃の激安価格を知っていると、そう高い航空運賃を出すつもりでいないこともあるでしょう。言葉が通じやすく、なにかと勝手のわかる日本の航空会社のほうが利用しやすいに決まっていますし、もはや一択、と考えている利用者も多そうです。ANAは、利用しやすい時間帯に、羽田空港からソウル便を運航していますから、利用したいのはやまやまですが、片道8万円も高く支払う必要があるというのは、かなり敷居が高く感じられます。ANAがこの区間に設定している航空運賃を支払えば、アメリカにだって行けるわけですから。海外の格安航空会社と比較しても高いので、ビジネスで出張費が出る場合に向いた便と言えそうです。”

Read More →

バニラエアの成田~ソウル線が運休になった理由

バニラエアはANA系の格安航空会社です。バニラエアは成田空港とソウルを結んで就航していましたが、2015年にこの路線を運休しました。需要がどうと言うより、供給が過剰になったためと見られています。バニラエアは、他の国際線については、大きな変更はしていませんので、企業としての体力の問題でもないようです。成田と韓国を結ぶ路線を全廃したのは、韓国系の格安航空会社が、かなりの運航本数で就航していて、供給が過剰になったからでしょう。

格安航空会社の利用者は、格安航空券の値段にシビアです。供給過剰になって、価格破壊が進むのは当然と言えるでしょう。片道2千円を切るようでは、とても採算が合わないでしょうから、撤退はやむを得なかったのかもしれません。その後、東京とソウルを結ぶ路線には、ピーチアビエーションとANAといくつもの海外の航空会社が就航しています。価格は、以前よりは高くなっているようです。ピーチアビエーションとANAは、羽田から便を飛ばしています。

ピーチとANAの航空運賃は、同じ日でも9倍ほど違ったりします。ピーチは深夜に出発する便で、ANAは夕方や夜が出発時刻となったりしていますから、同じ日でもそこそこ違いはするのでしょうが、それにしても9倍というのは大きな差です。羽田からとは言え、夜中の2時頃出発し、朝方4時にソウルに着くというのは、結構たいへんなスケジュールではあります。しかし、航空運賃が8万円も節約できるため、そうしたスケジュールでも需要はあるようです。

格安航空券のメリットを知ったら、従来の高額な航空運賃では、なかなか利用しづらくなるものです。それでもANAが高額な航空運賃で就航しているということは、やはり日本の航空会社を使いたい、無理のない時間帯に移動したい、という需要もそこそこあるのでしょう。

ソウル便は減りましたが、日本の航空会社が韓国への便を少なくし始めたわけではありません。ソウルへの便はごくわずかになったものの、金浦空港へはかなり就航しています。羽田空港を使いますので、値段よりも利便性から選ばれることも多そうです。相当遠くの国へ渡航するのであれば、成田空港を利用するのはやむを得ないことでしょうが、すぐ隣の国で、地域によってはフェリーでも短時間で行ける国ですから、羽田空港から簡単に向かえるものならそれに越したことはないでしょう。一時期の片道2千円を切るような状態はもう無理かもしれませんが、低料金は続いています。”

Read More →

韓国へのちょい旅に…ピーチがおすすめなワケ

韓国へのちょい旅ならピーチがおすすめです。いわゆる格安航空会社、LCCと呼ばれるものの一つで、他には例えばジェットスターやバニラエアというような航空会社があります。これら格安航空会社の航空券は格安航空券と呼ばれていますが、大手航空会社の割引チケットについても同じような名前で呼ばれることもあります。

格安航空会社では、いわゆる安かろう悪かろうのサービスを提供しているわけでは決してありません。ただし、例えばJALやANAといった大手航空会社にしか乗ったことのない人、それが飛行機のサービスの標準だと思っている人は、確かに不愉快な思いや割り切れない思いをすることがあるかもしれませんから、そもそも格安航空会社のコンセプトというか、考え方をしっかりと理解したうえで利用する必要があります。例えば同じ新幹線に乗るのでも、グリーン車、最近ではグランクラスもありますが、そういう座席に乗るのと自由席に乗るのとでは自ずとサービスに違いがあります。大手航空会社と格安航空会社とではその差以上の差がありますから、大手のサービスが当たり前だと思って利用すると思わぬ落とし穴にはまることになるわけです。

まず、ピーチのような格安航空会社をおすすめする理由は、もちろん運賃が安いことです。それが何よりのサービスです。安い運賃で航空券を提供することで、浮いたお金を現地の観光とかお土産、あるいはそもそも旅行に行く機会を増やすことそのものに使って欲しいというコンセプトです。

一方で、そぎ落としているサービスもあります。それはいろいろありますが、基本的には、飛行機に乗る人全員が必要とするわけではないサービス、あるいは他の人よりもよいサービスを受けたり、航空会社側の手間ひまがかかるようなサービスについては、それぞれに別途お金を頂きますという考え方に基づいています。主なものを挙げますと、スーツケースなどの受託手荷物とか機内食などが挙げられます。

このようなコンセプトを理解したうえで、実際のところはピーチは関西空港からソウルへ1日3便、羽田空港からソウルへ1日1便を運航しています。これだけ運航していれば十分に利便性が高いといえるでしょう。価格についても、標準的には往復で4万円から5万円ほどですが、格安航空券だと1万5千円程度からあります。大手航空会社では割引運賃でも3万円から3万5千円はしますから、半額以下ということができるでしょう。

Read More →

ジェットスターで快適!韓国一人旅

日本から飛行時間が短く、手軽に海外旅行を楽しむ事ができる韓国で快適な旅行ができるジェットスターを利用する事によって、一人旅でも安心して海外旅行を楽しむ事が出来ます。
格安航空券としてお得な料金で飛行機を利用する事ができるバニラエアなどと、近年では様々な航空会社が利用出来ます。

予約のしやすさや価格の安さなどと、便利に飛行機を利用する事ができるジェットスターは国内や海外などとどこよりもお得にチケットを購入する事ができるのがメリットで、スマートフォンやパソコンからインターネットでチケットを購入する事ができるため、手軽に旅行を楽しむ事が出来ます。
どこよりも安い航空券を提供し、成田国際空港と関西国際空港を拠点としお得なフライトを提供しています。

手軽に、気軽に航空券を購入でき、スマートフォンでもダウンロードができるアプリなどで、航空券の予約から購入などとチェックインまでも一括して行う事ができ、全国のコンビニエンスストアでも航空券の購入が可能です。
セール中の格安の航空券から出発の6時間前までのフライトまで選ぶ事ができ、作業も簡単で購入ガイドを見る事で初めての方でも安心して簡単に購入する事が出来ます。
ジェットスターでは航空券と宿泊のパッケージなどもあるので、一人旅でも安心して手配してもらう事ができるので、アジアの魅力的な韓国へ快適な旅行を行う事が出来ます。

フライト時間が短く、短期間の間に海外旅行を楽しむ事が出来て現地で美味しいグルメを楽しんだりショッピングや観光地などと、様々な楽しみを満喫する事が出来ます。
どこよりも安く飛行機を利用できる格安航空券で、一人旅でも快適な空の旅を満喫する事が出来て浮いたお金で現地でたくさんの楽しみが出来ます。

成田国際空港から韓国までは3時間かからない飛行時間で到着ができ、公式サイトでは格安航空券情報なども見る事ができるので、1番お得な方法で飛行機を利用する事が出来ます。
時期によってはセールなどでもっと安くチケットを購入する事ができ、格安の航空券をゲットする事が出来ます。

国内に11の都市に空港を持ち、実績が示す支持率の高さと安全性がある航空会社として座席指定や食事や手荷物などのお届けサービスなどを追加してアレンジする事ができるので、自分に合った旅行を楽しむことが出来ます。
手続きも楽に行う事ができ、一人旅でも快適な空の旅を楽しむ事ができるサービスで安心出来ます。

Read More →