気軽に海外旅行!ジェットスターで韓国に行く

海外旅行と言えば少し前までは何週間も休みがないと行けないもので、綿密に計画を立てて予算を積み立てたり、多額の費用がかかるのでなかなか行けないハードルの高いものでした。
最近は海外に行く人も増えていて、特に2泊3日程度の短い旅程でも行けるアジアの国々は人気があって、週末や連休を利用して気軽にショッピングやグルメを楽しめます。
お隣の国韓国はアジアの中でも日本人観光客が訪れやすい国として常に人気で、若者を中心に出かける人がたくさんいます。
数時間のフライトで簡単に行けて、ブランド物のショッピングや焼肉やスイーツなどの食べ歩き、エステや美容関連のサービス利用などいろいろな目的を達成できます。

旅行の費用を節約したいなら格安航空券を利用するのがおとくです。
日本でも定着しつつあるLCCなら大手の航空会社よりもずっと安い値段で海外旅行に行けるので、交通費を減らしてその分現地のホテルをグレードアップしたり、お土産代や食事代のための予算を増やせます。
全日空が出資しているバニラエアや、オーストラリアの航空会社であるジェットスターも海外路線に強いので、格安に憧れの海外旅行を実現することができます。

海外に行くとき意外と面倒なのは国内での移動です。
成田や関空の近くに住んでいる人をのぞいて、多くの場合はまず国内で居住地から羽田空港や伊丹空港まで行ってそこから成田や関空に移動する必要があるので余計な時間がかかります。
LCCは直接発着する路線をたくさん持っているので、国内の移動がスムーズで早朝や深夜の便も多いため時間を無駄にしないで目的地までたどり着くことができます。

JetStarは韓国への直行便を運行していないので、香港や台北などで乗り換えが必要になりますが、現地やアジア各国のLCCを使えるのでトータル料金は大手航空会社の直行便より割安になることが多くて、経由地でも免税店で買い物を楽しんだりいろいろな都市を周遊してみたいときなどに重宝します。
ホテルも同時に予約できるパックや、オプショナルツアーも付いているパッケージ旅行の数も多いのでやりたいことや予算に合わせて好きなように選べます。
帰りも成田や関空から直接北海道方面や九州方面へのフライトがあるので帰宅するのが簡単で、短い旅程でもスムーズに移動ができます。
休みが取れないから海外旅行は無理、お金がかかるからいけない、とあきらめているならLCCを活用してみましょう。