韓国に行くなら格安航空券のピーチがおすすめ!

韓国に行くなら、格安航空券のピーチがおすすめです。
羽田からソウルに就航しています。
便数は少ないですが、その便に合わせれば、破格の値段でソウルに行けます。
日本とソウルを結んでいる日本の航空会社は、今や同社とANAだけになりました。
羽田空港と金浦空港になら、日本の航空会社の便はかなり飛んでいますが、ソウル便は、海外の格安航空会社がほとんどを占めています。

以前はANA系列の格安航空会社のバニラエアが、成田からソウルに就航していて、破格の値段を提供していました。
片道千円台ということもあったくらいです。
けれど、韓国の航空会社を中心として、その路線への参入が増え、便数が過剰ともなったため、採算が合わなくなったのでしょう。
2015年に撤退しました。
現在は羽田からピーチが、日本の格安航空会社として唯一、就航しています。
羽田から利用できるので、かえって便利になった面もあります。

航空運賃は、片道千円台もあったバニラエアより高めですが、海外の格安航空会社よりだいぶ安かったりします。
羽田ーソウル便の最安値であることもよくあります。
時間帯は少々厳しめです。
深夜に羽田を出発して、明け方に仁川空港に着いたりします。
そうした時間帯だと、破格の安値がより実現しやすいようです。
同じ日でも、夕方や夜8時頃に羽田を発つANA便の航空運賃は、9倍くらいします。
海外の格安航空会社も軒並み一万数千円はしますが、ピーチは一万円を切っていたりします。

韓国はお隣の国で、地理的に近い九州からはフェリーでも行けるくらいです。
その気になれば日帰りもできる場所なので、あまり費用をかけずに気軽に出かけたいという向きもあるでしょう。
海外ではありますが、バニラエアが就航していた頃の激安価格を知っていると、そう高い航空運賃を出すつもりでいないこともあるでしょう。
言葉が通じやすく、なにかと勝手のわかる日本の航空会社のほうが利用しやすいに決まっていますし、もはや一択、と考えている利用者も多そうです。
ANAは、利用しやすい時間帯に、羽田空港からソウル便を運航していますから、利用したいのはやまやまですが、片道8万円も高く支払う必要があるというのは、かなり敷居が高く感じられます。
ANAがこの区間に設定している航空運賃を支払えば、アメリカにだって行けるわけですから。
海外の格安航空会社と比較しても高いので、ビジネスで出張費が出る場合に向いた便と言えそうです。