韓国屈指のリゾート地・済州島で楽しめるおすすめスポット

韓国の南海に浮かぶ済州島は、豊かな自然を満喫できる韓国国内屈指のリゾート地として知られています。
気候や時差もほとんど日本と変わらないため、とても過ごしやすいでしょう。

そんな済州島に行くには飛行機や船を利用する必要がありますが、現在では格安航空券でお得に行けるバニラエアも韓国行きが廃線となってしまっていて、他の格安航空券や船を利用しなくてはなりません。それでも行きたくなる魅力が、済州島には詰まっています。今回は済州島の観光スポットをいくつかご紹介していきましょう。

済州民俗村

済州民俗村は、昔済州島に住んでいた人々の暮らしを基に作られた村で、韓国の歴史ドラマの撮影地としても利用されることの多いスポットとなっています。
そのため、韓国の歴史ドラマが好きな人にとっては、見たことのある風景が広がっているかもしれません。

定期的に民俗に関する公演が開催されていたり、昔から活用されている漢方薬が販売されていたりと、ドラマの撮影地だけではない楽しみ方もできます。
さらに済州民俗村に植えられている植物も、韓国全域で見られる木や花なので、歴史だけでなく自然も学べるスポットとなっています。

東門市場

東門市場は済州島に住んでいる人達も多く利用する市場で、観光客も訪れるスポットとして知られています。
島の近海で穫れた新鮮な魚介類はもちろん、島内で育てられているみかんや韓国のお惣菜、お土産類なども販売されています。
ぜひ東門市場へ行くなら食べ歩きグルメを楽しみましょう!

食べ歩きグルメでおすすめなのが、ホットクというスイーツです。
市場内にはホットク屋台が5軒も並ぶホットク通りがあり、連日観光客で賑わっています。
黒糖をパン生地に包み、揚げ焼きにしたスイーツで、ほのかな甘味と揚げ焼きにした香ばしさが絶品です!
さらに、冬になるとチャプチェ入りのお惣菜ホットクが食べられるので、違ったホットクが食べたいという方にもおすすめです。

おわりに

済州島内には様々な観光スポットがあり、日本人観光客も多く訪れる人気の場所です。
バニラエアは廃線となってしまいましたが、ぜひ韓国旅行の際には明洞や釜山といった観光スポットだけでなく、済州島にも訪れてみてください。