人気急上昇中の大邱広域市!ショッピングから景色まで楽しめるスポット

バニラエアは国内外行きの飛行機をお手頃な価格で行けるLCCです。
格安航空券を使えば日本でも人気の観光地・韓国にも手軽に行くことができます。

残念ながらバニラエアの韓国線は廃止されていますが、韓国には様々な観光スポットが点在しています。
今回は大邱広域市(テグ)にスポットを当てて、おすすめの観光スポットをご紹介しましょう。

大邱とはどんな都市?

大邱の観光スポットをご紹介する前に、そもそも大邱がどんな都市なのかご紹介します。
韓国の南部に位置する大邱はソウルと釜山に次ぐ第3の都市であり、世界陸上競技の選手権大会の開催地や韓流ドラマの舞台になり、日本の韓流ファンから人気が高い観光地になっているのです。

冬はソウルに比べて温暖であり、その分夏は蒸し暑いという特徴があります。
慶州や安東など韓国の名所と隣接しているため、南部観光の拠点としても最適な場所でしょう。
それでは、ここから大邱のおすすめ観光地をご紹介していきます。

西門市場

大邱で地元グルメやお土産品を手に入れるなら、西門市場がおすすめです。
ここは朝鮮時代の中期から続く従来市場で、様々な屋台が並んでいます。
食品からファッションやアクセサリー、雑貨、インテリア用品とバラエティー豊な品揃えです。

韓国気分をより味わいたいのであれば、韓服売り場のエリアがおすすめになります。
2階には伝統雑貨や可愛い髪飾り、ポッジュモニ(巾着)などのアイテムが多数販売しており、お土産にも喜ばれるでしょう。
また、市場ではグルメ屋台も充実しており、韓国春雨入りの餃子・ナプチャクやカルグクス(手打ちうどん)とスジェビ(すいとん)が一緒に入ったカルジェビなど、大邱名物を堪能できます。

83タワー

83タワーは 大邱のシンボルタワーで、「E-WORID」という遊園地の中にあり、八角形のフォルムが目印です。
タワーの中にはアイスリンクやトリックアートの展示、レストランなどが併設されており、遊園地とは違った遊びを楽しむことができるでしょう。

海抜260mに展望台があり、そこからは大邱を一望でき、夜はネオンライトが輝き幻想的な夜景を望むことができます。
タワーがあるE-WORIDは定番のジェットコースターやバイキングといったスリリングなアトラクションから、メリーゴーランドなどの小さな子どもも楽しめるアトラクションが充実しているので、せっかくなら丸1日遊びつくしてみてはいかがでしょうか?