韓国へのちょい旅に…ピーチがおすすめなワケ

韓国へのちょい旅ならピーチがおすすめです。
いわゆる格安航空会社、LCCと呼ばれるものの一つで、他には例えばジェットスターやバニラエアというような航空会社があります。
これら格安航空会社の航空券は格安航空券と呼ばれていますが、大手航空会社の割引チケットについても同じような名前で呼ばれることもあります。

格安航空会社では、いわゆる安かろう悪かろうのサービスを提供しているわけでは決してありません。
ただし、例えばJALやANAといった大手航空会社にしか乗ったことのない人、それが飛行機のサービスの標準だと思っている人は、確かに不愉快な思いや割り切れない思いをすることがあるかもしれませんから、そもそも格安航空会社のコンセプトというか、考え方をしっかりと理解したうえで利用する必要があります。
例えば同じ新幹線に乗るのでも、グリーン車、最近ではグランクラスもありますが、そういう座席に乗るのと自由席に乗るのとでは自ずとサービスに違いがあります。
大手航空会社と格安航空会社とではその差以上の差がありますから、大手のサービスが当たり前だと思って利用すると思わぬ落とし穴にはまることになるわけです。

まず、ピーチのような格安航空会社をおすすめする理由は、もちろん運賃が安いことです。
それが何よりのサービスです。
安い運賃で航空券を提供することで、浮いたお金を現地の観光とかお土産、あるいはそもそも旅行に行く機会を増やすことそのものに使って欲しいというコンセプトです。

一方で、そぎ落としているサービスもあります。
それはいろいろありますが、基本的には、飛行機に乗る人全員が必要とするわけではないサービス、あるいは他の人よりもよいサービスを受けたり、航空会社側の手間ひまがかかるようなサービスについては、それぞれに別途お金を頂きますという考え方に基づいています。
主なものを挙げますと、スーツケースなどの受託手荷物とか機内食などが挙げられます。

このようなコンセプトを理解したうえで、実際のところはピーチは関西空港からソウルへ1日3便、羽田空港からソウルへ1日1便を運航しています。
これだけ運航していれば十分に利便性が高いといえるでしょう。
価格についても、標準的には往復で4万円から5万円ほどですが、格安航空券だと1万5千円程度からあります。
大手航空会社では割引運賃でも3万円から3万5千円はしますから、半額以下ということができるでしょう。